お家でフジロック〜Corneliusの帰還

今年のフジロック、配信にて楽しんだ記録。【1日目】 ヴァンパイア・ウイークエンド、良いなあ!音色やリズム、楽器、奏でる空気、こんなバンドがトリを飾るようになったんだなあと今更さながら感慨深い。配信だと問題なく聞こえたけれど、現地では音が出て…

7月の終わり、8月の初め

7月4日 1人晩御飯の日。鰹節いれて1分後に味噌としょうが入れてお湯注いだ簡単お味噌汁が胃に沁みて、ホッと生き返った。 7月5日 朝からワーワー言って一日が終わってしまうことが多すぎ。 7月6日 the ratelの1stアルバムが素晴らしい〜〜。音のうねり、隙間…

灰野敬二 × 嶺川貴子

先週の嶺川さんと灰野さんのライブを何度も思い起こしている。 7月11日月曜日 下北沢440にて。今回の組み合わせを知った時の驚きと遂に!の感激。嶺川さんのライブは2019年 七針でのパフォーマンス以来。つい最近も七針でソロライブがあったものの瞬殺で取れ…

ヤマジカズヒデ Space Echo Solo Live

吉祥寺にあるレコーディングスタジオGOK SOUNDで、スタジオ経営者兼エンジニア近藤祥昭さんによる「魔改造」Space Echoを使って、ヤマジさんがライブをする!昨年、GOK SOUNDが井の頭通りの方のスペースを解放し、所蔵楽器を自由に触らせてくれる機会があっ…

溜息から

朝から問題発生、状況確認し指摘するとまた新たな問題発生。この1ヶ月強、毎日こんな日々。怒るにもパワーがいる。なんとか業務時間を終えて退社。 もう疲れたよ、パトラッシュ…… エレベータが上から降りてきて乗ると、同世代の女性がひとりいた。貸オフィス…

6月の終わり、7月の初め

6月4日 前から気になってた店でお昼ご飯、んマイねえと食べてたら店主さんに話しかけられて驚愕。よく行く店のスタッフで数年前に辞められた人だった!「店に入ってきた時あれ?どこかで?と思ってて、マスク外してわかりました」 と言われ、そういえば辞め…

ゲルハルト・リヒター展

仕事を早退けして平日夕方に東京国立近代美術館へ。「ゲルハルト・リヒター展」を見る。 https://www.momat.go.jp/am/exhibition/gerhardrichter/この時間なのに結構な人入りで驚いた。いくら人気作家といえどもハテ、抽象画は一般的に受け入られていたっけ…

もう一度、久しぶりの食堂にて

mikk.hatenadiary.jp 以前書き記したこちらのお店。4月にイートインを再開して喜んだ直後、「事情によりしばらく休業します」と突然お知らせがあり数ヶ月、改めて再開するとのことで早速伺った。 予約制のテイクアウトも同時にされており、「ごめんなさい、…

恩師の講演会で久しぶりに母校へ。大通りに沿った正門を入ると隣接のホールで記帳を求められ若干緊張する。久しぶりの校内はあの頃のままの建物と建て替わった物が混じっているけれど、記憶の中の風景と重なった。 先生にはあの頃と同じ「光と力」に満ち溢れ…

5月、ところどころ

5月は緑耀く季節! 帰りの電車を降り過ごし、離れた駅で下車。そこから歩いた帰り道。車のテールランプが一定速度で流れていくのを眺めながら、思い出した日々は20年も前のことだった。 長屋の店舗があった一角、ついに解体されてたけれど、角の店舗は残って…

5月の終わり、6月の初め

5月6日 今日一日行けばまた休みと思うと気が楽ね。/ ウチの前のお屋敷の解体が始まった。悲しいよぅ 5月7日 土曜日。朝から気持ちが上がらず近所の店でお昼ご飯を食べてから近場を回るも、人疲れしてダメだーもう帰ろうとトボトボ歩いてたら、別場所から戻…

私の生活改善運動

先日開店したばかりの本屋へ行った。最近増えている「選書」がウリの個人店舗で、この手の店の蔵書は概ね似通っていて、乱暴に云えば柴田元幸や岸本佐知子による翻訳や今なら韓国作家など、一定の海外文学を好む真面目な印象を感じてしまう。ただこの店は古…

4月、ところどころ

桜と新緑の色合いが好き。

4月の終わり、5月の初め

4月5日 在宅勤務だから進む業務の一つ、「紙資料データ」と「PCシステムデータ」との整合性チェックというアナログ会社よ…/昨日買ったお粥をお昼に。今日も全然歩いてないから業務終了後駅前のスーパーまで遠回りして出向くと、満開を過ぎた桜が綺麗だった…

LABO 12 dip oneman

www.youtube.com 登場時の SEが変わった。ギターの弦1本1本の響きが「この空間」を調律し、背筋が伸びた。今日のライブはヤバいと昂る気持ちに“ krauteater”の出音が重なり移行した流れに泣きそうになった。 Stream Krauteater by Kazuhide Yamaji | Listen …

久しぶりの食堂にて

今月から月曜はY氏の仕事の都合で夜ご飯は別々になった。朝から矢のように降りかかる業務をこなし続けた夕方、ご飯どうしようかなと考えた時、しばらくテイクアウトのみだったお店が店内飲食を再開するというので行くことにした。外へ出ると雨は激しく、予想…

3月ところどころ 〜桜観測2022

今年の3月は肌寒い日が多かった。 3月26-27日にかけて桜巡りをしたけれど、まだ咲き誇るまでは行かなかった。 翌週の3月30日水曜日、会社帰りに桜のトンネルへ。 季節は変わる。街も変わる。

3月の終わり、4月の初め

3月7日 久しぶりに出社。月曜な繁忙の渦に巻き込まれる。電話に出て一瞬、なんて言うんだっけと固まってしまった。 3月8日 あー仕事ってこうだったなあと思い出してきた。 3月9日 会社で断捨離の話をしたら、夫がオーディオマニアでスピーカーもレコードもた…

another labo 12 ヤマジカズヒデ ソロ

3月25日ヤマジカズヒデ誕生日、いつからか恒例になったバースディライブ。今年はヤマソロで。セットリストを拝借すると 1.garden 2.you can't talk to the dude / jonathan richman(!) 3.barbolla 4.lost cause / beck 5.何処へ行こうか / 大江慎也 6.over …

TVK「ライブ帝国 ザ・ファイナル」

4月1日に開局50年を迎えたことを記念して、tvkの音楽ライブ番組『ヤングインパルス』 『ファイティング80’』『ライブトマト』 『ライブY』の秘蔵VTRからリクエストを募り、第1部 昼2:00-5:55、第2部 夜7:00-9:50とボリューム大の番組が放送された。 TVKとは…

いつもの場所で

仕事で疲弊して漸く辿り着いた駅から家までの緩やかな登り坂をヨロヨロと歩いていたら、黒い夜空の中、数多の白い翼が羽ばたいていた。ああ、今年もこの時期にいつもの場所からありがとう。根がしっかりと大地に張っているからこそ、豊かに花を咲かせてくれ…

白い翼

よく晴れたあたたかな1日だった。昨日ワクチン3回目を受けて今日は在宅勤務、日中は特になかったけれど夕方から違和感が出始め、ご飯もあまり食べる気しないなあと外に出ると、近所の木蓮が白い花弁を広げ始めていて、見上げると白い月と呼応していた。 今年…

トモフ with ヤマジ「1対1」

TOMOVSKYとヤマジカズヒデの2マンは初。前もあったよねえと思ってたら、これまでの共演は2012年uminecosounds@nest、2019年3人のバンド@queなので、代ゼミ津田沼校同級生が遂にソロで対バンです◎ 今更の記録ですが2月19日(土)下北queにて。 ○ヤマジカズ…

2月、ところどころ

この風景が大好きだ。 渋谷 time is onは今も変わらずそこにある。*猪股邸 *山田邸 いろんなことが起こるけれど、歩いて、見つけて、楽しみながら暮らしていきたい。

2月の終わり、3月の初め

2月4日 夕方から忙しくなり、珍しく残業して腹ペコで退社。馴染みの店は夜営業休みだったりでどうしようかなあ、やってるかなあと一か八かで向かった店が営業してて、ほっとするも店内はグループが大声ではしゃいでいた。ここでこんな状況初めて。このご時世…

故郷の街で

3年ぶりの故郷の商店街は店の代わりに新しいマンションが複数建っていた。どこも埋まっているらしい。父が言うには「住む人がすっかり減っていたのに一気に数百世帯も増えて自治会費も入ってくるし」長い目で見て良い方向に考えたいものである。 シャッター…

久しぶりの故郷にて

寝入るところで携帯が鳴った。父からの電話だった。伝えられた事象になんとも現実感が無いまま翌日朝イチでPCR検査を受けてから出社、取り急ぎの仕事を済ませて午後休。諸々の用意をして翌日故郷の駅に降り立った。前回の帰省から3年近く経っただろうか。あ…

1月、ところどころ

謹賀新年。 東京に雪が降った日。 雇われでカウンターに立っていた時から存じているので、この場所に自身の名で店を興した気概と意志は強く伝わってきただけに、無意識の行動によってこの場を閉じることになる世の中がとても悲しい。なんて単なる客が語る話…

1月の終わり、2月の初め

1月4日 恐れていたよりも仕事が重くならず、軽やかな気持ちでカレー初めして帰宅。 1月5日 残ってる餅をスープジャーに入れて出社。お昼は雑煮になるの巻。フリーズドライの七草と棗を入れた。 1月6日 昼ごろから舞い出した雪は午後にはしっかり降り積り、革…

渋谷区立松濤美術館 白井晟一 入門

shoto-museum.jp 第1部/白井晟一クロニクル は昨年鑑賞し、図面や写真で彼の仕事を辿りました。 architecturephoto.net第2部/Back to 1981 建物公開 へ訪問。展示物は無く、白井さんが設計した建物そのものを辿る企画は昨今のモダニズム建築再考の流れゆ…