小屋

Limited this year Day

今日は”令和元年限定の”祝日だ。この特別感とは関係なく、台風が近づいているせいか、このところの事象に吸い取られたのか、歳の頃合いのせいなのか、モヤモヤぼんやり伏し目がち。健康になるにも健康を保つにもお金が必要で、でもそれだけじゃなくて好きな…

after loud

一晩明けて、それでも甘く見ていたと思わざるを得ない。先月と続いてまたしても。勿論自然災害ではあるけれど、まるで警告のようにも思えてくる。 60〜70年代に建築されたものが、更新時期の90年代にバブル崩壊で後回しになって、関わる人も予算もどんどん減…

台風と思い出し散歩

現在台風19号接近中。この影響を踏まえた対応に追われ続けて1週間、ヘトヘトよ。今日は臨時休業の店舗も多く、こういう選択が可能になった時代なのだと思うとともに、それでもこういうときだからこそ休まず、いつも以上に稼働せざるを得ない業務の方もたくさ…

公園からはじまるドーナツトーク

盛岡城跡公園芝生広場整備事業の事業者公募について|盛岡市公式ホームページ 今年3月決定の話なので今更だけど、こんな発表を目にして驚いた。あちこちで話題が増している「公募設置管理制度(Park-PFI)を活用した民間事業者の公募」だけど、あの「minä pe…

台風過ぎて

超大型の台風が夜更けにゴーーーーッと通り過ぎ、朝が開ければいつもと違う状況なのは東京だからこそで、交通網は軒並みダウン。通勤路を変えたことが功を奏し、無理なく楽に進んで、定刻から1時間少々過ぎて会社到着。モクモクと仕事を終えて、退勤。執務室…

7月から8月

8月最初の土曜日。外は暑すぎて歩く気になれないだろうから、夕方まで家でダラダラかなといった塩梅。なのでこのところの日々のあれこれをまとめて備忘録で綴ることにします。 7月はとにかく曇りと雨だった記憶。終わり頃にいきなり暑さ弾ける!って展開は、…

緑のカーテン

所用で訪れた街。その珈琲店に入るのは数年ぶりだった。サイフォンで淹れた深煎の珈琲をゆっくりと飲みながら、白いカーテンの向こうの、緑のカーテン越しに時折すうっと行き交う人々や自転車を眺めていたら、若いお母さんに連れられた子供2人が、入ってくる…

Drunk

私はお酒を呑む習慣がないままこの歳になってしまい、飲んだとしても数口で真っ赤になるのだけど、最近クラフトビール(4%なので低め)を呑んで、この味好きーと思って350mlくらい呑めた。こんなに呑んだのは生まれて初めてだった。耳は熱いが気分や体調は変…

私とGW10連休

改元による10連休は、日本の人口の何割が該当するのだろうか。会社勤めで自動的に休みの人がいれば仕事柄ゆえ出勤の人もいるし、自営で営業し繁忙続きの人もいつもどおりの人もいるだろう。仕事は休みでも家業に追われる人もいるし、まさに人それぞれなこの1…

私の「平成」音盤

巷のなんでもソレが付いて回って煩えよ状態のなかではありますが、私が過ごした平成の日々に鳴っていたアルバムを挙げることにしました。ありがちだけど、こういうの考えるの好きなのです。ちなみに「邦楽のみ」です。だって海外のひとは昭和も平成も知らな…

今年の3月

春を祝福し青空へ拍手をしているような、春の真ん中を進みゆく白き翼のような。3月中旬だけに許される景色。 サラリーマン社会は世知辛いなあと思わざるを得ないことが続く昨今。正しくないことであっても命令どおりにこなす人が求められるのです。言われた…

今年の白い花弁

夜中からの激しい雨は出勤時には弱まり始め、昼前には止んでいた。午後は仕事で外出、多摩モノレールに久々に乗る。仕事じゃなかったらはしゃいでた。遠くまで見渡せた空は広々と気持ちが良かった。 近所の木蓮、今年も咲いた。咲いたんだよ。

さようなら、はてなダイアリー

「はてなダイアリー」が本日2019年2月28日をもって、すべての機能を停止とのこと。 既にお引越しして新居に住んでおりますが、いよいよ解体なのですね。ありがとうございました。 でもやっぱり私は、「はてなブログ」よりも「はてなダイアリー」という名前の…

いってきますと玄関扉を開けて向かいの空を見た瞬間、あ、春の光だ、と思った。その気持ちを留めておこうと綴っておく。なんだか目がかゆいなと思うことが増えてきたけれど。

今日は風が冷たい日でした。雪が舞ったことも知らないまま会社帰りに喫茶店へ行くと、店主に「再結成ですよ!」と言われて「エエー!」とマジで声を上げるほどびっくりしたけれど、実は思い入れが無いのであった。すんません。彼らに限らずだけど、あの頃出…

消える

今夜は時間があったので、仕事終わりに逆方向の電車に乗った。好きな珈琲屋さんが今週は営業時間延長してて立ち寄れるなんて、嬉しい偶然! BGMの無い店内は、いつもどおりにコポコポと珈琲を抽出する音だけが聞こえ、遠くから電車の走行音が聞こえ、いつも…

「ロシュフォールの恋人たち」とピンク色

先日ミシェル・ルグランが亡くなった。90年代昔話になるけれど、oliveに載った「ロシュフォールの恋人たち」の上映広告を部屋に貼っていた。洗練されたカラフルな画は殺風景な部屋を彩り、憧れを乗せてくれた。サントラが今までと違う切り口で語られて、”映…

食堂にて

今日の仕事は終日外だった。お昼はどうしようかなと、ちょうど近くにある店に入った。何回か行ったことがあるけれど職場も遠くなり、土日が休みのここで食べるのは実に10年ぶりだった。ドアを開けた途端、くるっと風が舞った。 通された席は窓に向かって店内…

無題の日

今日は仕事ちょう頑張った結果、抵抗して震える胃をペパーミント+レモングラスのハーブティでなだめながら、dipを聴いて気持ちを我に返そうとしているのです。その報告を知らされたY氏が、ご褒美にハーゲンダッツの更にお高いバージョンを買ってくれるって…

ブルーグレーの夕暮れ

はてなのおうちを立ち退きで引越して1週間経ちますが、まだしっくりこないこの気持ち。部屋の壁面、まだ片付いていない物たち、窓から見える風景。思えば2004年8月からという、現実のおうちよりも長い歳月を過ごしているのです。DIYなぞ出来ない身ゆえ、今の…

年末年始メモ

28日:納会を「カンパーイ!」の烏龍茶一口でするっと出て退社。年末は年明けの繁忙対策の日々なので、どうしたって「納め」にはならないのである。移動して、大好きなお店で晩ごはん食べて「よいお年を」。 29日:西の町へ。餡と丸餅にクッキー袋詰め合わせ…

今年の音甘映画館

mikk.hatenadiary.jp mikk.hatenadiary.jpということで、最後につらつらと。 今年は小出亜佐子さん、牧村憲一さん、更に小山田くんのお話を聞く機会があって、語る場が出来るほどに時が経ったのだなあ。 「英国音楽と米国音楽の狭間で」記憶って曖昧で更新し…

平行線

いろんなことにああああああってなる。いろんなことはずっと平行線で思い違いをしながら生きていくんだなあ。いろんなことに何故?と思ってばかりだ。でも誰もが自分のことが一番正しいと思っているから私も誰かに何故?って思われていることだろう。

いなくなる

・上司のダメさ加減に拍車がかかり、今月頭から無駄に仕事が増えている。 ・さすがに苦行じみてドンづまったので、ランチ外で食べよう!とちいさな喫茶店に来たところ、机にうつ伏せていびきをかいて寝ている女性がいた…身なりは会社員なんだけど…… ・ストレ…

dessin

デッサン会に参加した。20年強ぶりなのに制作室に入った途端、かつての時間が地続きに繋がった。魔法みたいだった。 モデルを見て、線を引く。その繰り返し。あれ?この線だとちょっと違うか、いや大丈夫、やっぱり違う、あ、これだ! そのデッサンを見て先…

秋の雲とモンブラン

朝、駅へ向かうときの空気は冷えていて、ついこの間の死にそうな暑さは夢だったのかと思えてくるなあと見上げた空はぼわんとした秋の雲だった。 そんなセンチメンタルも何処へやら。今日は荒むしかない一日だった。私のSOSにY氏がケーキを買ってきて救助して…

久しぶりの店

昨日思い立って、とある街の洋菓子店へ出かけた。今年いただいた年賀状に「入院のため暫く休業いたします。秋頃に再開予定です」と書いてあり、ずっと心配していたからだ。住宅街の坂道を降りていくと、灯りの点いた店があった。営業されている!ドキドキし…

色と形と光と、

雨が降り少し涼しく感じる朝だった。昨日買ったばかりのコロンビアの防水モックを履いて家を出るも、徐々に止むところだった。代々木八幡から歩き始める。もちとふかのプレーンベーグルを買って、ギャラリーへ。佐々木美穂さんの久しぶりの個展。色と合わせ…

はてなダイアリーと私

2019年春「はてなダイアリー」終了のお知らせと「はてなブログ」への移行のお願い http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20180830/blog_unify ああ……遂に来た、この日が。 2003年に開始された本ブログサービスがシステム運用の面からも厳しいだとか、理解はす…

7月の日々、ジリジリな日々

「はーちがつはジリージリー」ではない、「しーちがつはジリージリー」な今年の夏である。 とにかく光が眩しい日々。 太陽に殺られる・・・! 「A shady lane Everybody wants one A shady lane Everybody needs one」 日陰をみんな欲しがるよ! Directed by…