10月の終わり、11月の初め

一気に秋を感じたこの1ヶ月。我が家も歩く距離が長くなった。
はてな、アンテナが都度更新されなかったり(上がってないから訪問しない→実は更新されてた とか)、スターをつけられなかったり(ログインしてるのにログインしてくださいと表示される とか)、タグて!キーワードがあるじゃんよ!(と思ったら既に終了してたとか)、諸々使いにくくなってることに時代の波を感じるのである。


10月3日 
居住区内で知っているエリアでも歩いていない町内はまだまだ在るなあ。


10月4日
吉祥寺ユニオンがパルコ地下に!ちょっと微妙な気持ちはあるけど、変わらずわんさかギュッと詰まってて楽しかった。で、店頭周囲の壁面は新宿店のように名盤で彩られており・・・
f:id:mikk:20201004214913j:plain:w400
f:id:mikk:20201004214957j:plain:w400

ん?


f:id:mikk:20201004215336j:plain:w600


ぎゃーーー!


新宿店 地下 邦楽コーナーでは、レジ上に「ナガタさんが見えるだけ」になってて気になってたけど、わああい!


10月5日
代々木のライブハウスZher the ZOOが年内で閉店するという。駅前でアクセスよく、ここで見たライブはどれも楽しさしかない。後ろの方だと見えにくい難はあるけど、雰囲気が良かった。2005年にオープンして、私が行くようになったのはこの5年来。思い出すのは、紅布で共演したうつみようこさんを迎えた“ヤマジカズヒデ対決シリーズ”、大盛り上がりで、その数ヶ月後に開催の2回目で対決のモモさんがラストに「決めた!このメンツでツアーやろう!」と言い放ったのが2017年2月、それから何度もここでセッションなライブがあった。ここでのメンツによる選曲や雰囲気は、この数年のヤマジさんの感覚を作った場とも言えるのではないだろうか。対決シリーズはその後行われておらず、密かに期待してたんだけどな。。。残業して間に合わない〜〜とタクシーで乗りつけた日のことは小声。この半年強ライブはまだ行っていないけれど、閉店までに伺えるかな……。


10月6日
f:id:mikk:20201006212750j:plain:w400
昼休み。USインディーが聴きたくなる空になった。


10月9日
昨日の朝、少しの頭痛を感じ、帰宅時に増してきて辛くなってきた。特に前頭部の内側から湧き上がってくる感じ。2日後に台風上陸予定ゆえだろう。わかりやすい。今日は前から夏休み取得日だったけど、起きた途端に頭痛が酷く、休みにしててよかった……。雨だけど昼に外出し、ほうれん草と緑豆のカレー。穏やかに内なる力が出てくる味。信頼できるお店が近くにあってよかった。


10月10日
と書いて気がついた。今日体育の日か!確か「統計的に晴れの確率高い」ので、この日をオリムピック開催式にしたことがキッカケだったような。今年は台風接近の雨だけど、新橋パナソニック美術館「分離派建築会100年展」を見に行く。美しい図面(大学卒制!)をはじめ、展示内容が素晴らしく、アンビエントな音楽も流れていて良い空間だった(が、年配夫婦数組のお喋りにうんざり)。発見も多々あり。/ 寒い一日、遂に今季鍋はじめました。いつものきのこ。


10月11日
吉祥寺〜上井草〜西荻窪を歩くの巻。善福寺公園、昨日の雨のせいか池がかなりキワまで増水し、金木犀の花や団栗、オレンジがかった葉が濡れた道に広がっていた。この界隈は時折歩いていたのに、今日は知らない景色ばかりで楽しい道のりだった。


10月12日
筒美京平が亡くなった。


10月13日
人数絞って開催+配信のライブも増えたけれど、私は未だに行っていない。久しぶりに行くライブはdipと思っているのに、いつになるのかな…。ソロ活動もタイミング合わず続きだ。悲しい。。。


10月14日
f:id:mikk:20201014214528j:plain:w400
長年着用出来る上質でシンプルな形、ウールだけど軽い、お尻が隠れるくらいの長さ、黒ではなくダークグレーらへん、という要素を備えたコートを探し求め、辿り着いた。丁寧に取り扱いつつガンガン着て、冬の街を歩きたい、何年もずっと。


10月15日
配信でヤマジさんと魚さんのライブを見る。絵も音も美しかった。


10月16日
f:id:mikk:20201016215650j:plain:w400
遅めの昼休み、よく晴れた空は高く、白い雲が薄く広がり、風は少しだけひいやりとして、川を渡り、路地の迷路を彷徨い、坂を登って下って、気持ちよくって何処までも歩いた、小1時間の小旅行。


10月17日
雨の一日。髪を切る。


10月18日
よく晴れた。散策先は先週よりも更に遠目のところへ。お昼を食べて歩きはじめて3時間後、急にY氏が動けなくなる。昼の刺身定食が原因のアレルギー発病の様子(数年ぶり3度目)。全く土地勘ない場所でタクシー呼んで、急遽帰宅。


10月19日
寒いくらいの日。Y氏の具合は回復しホッとするも、今度は私がいつもの頭痛。体調管理日報になってきたネ・・・


10月20日
平和な一日だと帰宅時にドッと疲れることがないと実感。


10月21日
カジくんゲストの吉田豪との対談を見る。吉田豪の細かい言及により、カジくんの心の奥底の扉が開いていく展開が面白かった。ニウロ話やトランスではなく太陽レコードの話題で思い出したようにヤマジさんのことを言及してくれたものの、吉田豪が掘り下げることなく話題終了したのが悲しかった・・・。若い頃の話聞くたびに思うけど、カジくんは親からどんだけお小遣い貰ってたの。。。


10月22日
夜ご飯はY氏と近所の中華屋へ。高齢のご夫婦が営む清潔感ある店内は気持ちよく、茄子と豚肉の醤油煮込みが特に好き。


10月23日
仕事はことのほか静かに終わり、ホッとしながら何時ぶりくらいに会社帰りに映画館へ。見終わったの21時だけど、ロビーはこれから上映の作品待機の若者がわんさかいて驚いた。(以下月末に追記)見たのは黒沢清監督「スパイの妻」で、感想は別途記すつもりだったけど好きに思えなかった作品のことを長々と綴ってもなと思い直し、気になった諸々は監督の演出よりも脚本家の色が強すぎたことに拠るのだろうな、とだけ書いておく。脚本を手掛けた方の本業としての監督最新作は春樹原作と知り、あーと納得、嫌な意味合いで。


10月24日
よく晴れた日。オペラシティにて石元泰博の写真展を見た。バキバキに美しい構図なのに、どこか面白みがあったり、カラッとした佇まいなのは、ご本人の経歴に拠ることを知った。この後は尾根の底のような道沿いを歩いた。 / インスタント・シトロンの片岡知子さんが亡くなったことを知る。悲しい。


10月25日
今日もよく晴れた。お昼は薬草茶が飲みたくて某店へ。胃に染みる。/ スニーカーを新調。黒一色になりがちな冬へ向けて差し色的な配色。一時期は買う気しなかったスニーカーだけど、漸くそういう気持ちが芽生えたな。


10月26日
昼休み、会社裏にある高い樹々の葉の端っこの黄緑色やオレンジ色が、薄い空の青に重なって美しかった。どこか遠くに行かなくても、こんな僅かな瞬間が日々の中にあるだけで嬉しい。


10月27日
テレビで松岡英明を見かけたところから中学の時に聞いた音楽検索に走り出し、UPーBEATを聴いたりしてあー今聴いても好きだなあとしみじみする。


10月28日
帰りに英国展に立ち寄ってぱぱっと菓子やらスコーンやらを買い求め、帰宅すると「ピンクのくまちゃん」と「タイの地獄寺巡り」が待っていた。嬉しくてほくほく。
f:id:mikk:20201028210851j:plain:w400
f:id:mikk:20201028210914j:plain:w400


10月29日
喉や鼻がキモチワルイ日が増えてきたなあと朝カーテンを開けると、向かいの家の樹々の色が深々としていて、すっかり秋だなあとしみじみするも、もう10月も終わりなのだ。昼休みは近くの公園を散歩、よく晴れて光が気持ち良い。/ 夜ご飯、今日は「○○(近所の中華屋店名)の日」!いつも頼むナスと豚肉の醤油煮込みに、うま煮そば。美味しいなあ。


10月30日
会社帰りはアーユルヴェーダの料理教室へ。と言ってもよくある「あの感じ」ではなく、まずは座学ののちに、先生が説明しながら料理を作るところを見て、出来上がりをいただくという流れ。今回は久しぶりの参加で2回目なのだけど、自己紹介で近況を話した時に「以前の印象よりも、元気になって力が感じられる」と言われて、驚いた。教室といっても教えを乞うという依存ではなく、理知的で示唆に富んだ場であり、且つあたたかな空気が感じられて良かった。


10月31日
秋の光をたくさん吸った。住宅街を歩いていたら、向こうに見える家が気になり近づくと、カフェ? こんなところに?と思ったところ、扉前に「音楽喫茶」と書いてあって更に驚く。オシャレな店構えにジャズ喫茶かしら、せっかくだしと中に入ってみると、リビングのような店内はクラシック喫茶だった!しかも真空管アンプにタンノイのスピーカーの、超高級オーディオで。1人席ソファーが6脚で、いかにも常連なオジ様3人がいる……。メニューを見ると珈琲も紅茶も種類豊富で、頼んだミントティはめちゃくちゃ美味しかった。音はもちろん素晴らしく、まるでコンサートホールにいるよう。最高……。こういう不意の発見が散歩の楽しさの一つ。


11月1日
サウンドスケープに関する講演会を聴く。音環境を如何に捉えるか、感覚は勿論、地形・気象・風土・民族・歴史など様々な角度から語ることが出来、包括的に考えることが本来は大切、という話から、自分がこれまでどういう場で暮らしてきたかによって聞こえ方は異なるーーー音環境により耳が育つこと、「音の聞こえ方」は人それぞれであり、「自分は」どう聞こえるかを考えるという話に至り、想像力や喚起力、傾聴力が重要だなと思い至る。 / 下馬、久しぶりに通ったら閉鎖住棟が随分と増え、四角い給水塔は無くなり、大好きな公園遊具も消えていた。


11月2日
すんごくどーでもいーことに噛み付いて憤っている他部署の係長に、うちの会社はマジでヤバいなとつくづく思うの巻。大阪の状況も一部の人が自分たちのことだけを考えてるだけだし、アメリカの状況見てもゲンナリするし、ってこんな言葉で〆るのヤダなー。


外界により心がカサカサになりそうだけど、柔らかくしっとりと保つようにしていきたい所存。