湿った空気、あわいの記憶。

7月も半ばになるけれど、思い出すのは夏の日差しではなく曇天ばかりだ。そういえばあれは、3日のことだった。
f:id:mikk:20190714202152j:plain
湿度が高く重い空気の街を歩いていたら、いつのまにか海の底をのろのろと泳いでいた。脳内で再生されるのは”baselines”。その晩はライブに行ったのだけど、今回の選曲は自分が好んで聴く音世界ではないと、改めて実感してしまった。個々の演奏は素晴らしく、目が見開く様が幾度もあったものの、ぐっと入り込めずにいた。私には曲調よりも歌詞が印象的だった。このメンツでの過去数回のライブにあった「学祭」ノリが抑え気味だったのは、追悼だからだろうか。
f:id:mikk:20190714203215j:plain
そうそう、この日は横浜のみなとみらいへ出かけたのだった。馬車道駅で降りて歩いていくと海の匂い。ああ、横浜に来たんだな。会場をBankARTって覚えてて行ってみると、あれ?どこから敷地に入る?いや、無い?!と詳細確認すると、BankART SILKとあって、シルク博物館内だった。そういえばBankARTのあの建物は解体されたんだった。切ないよぅ。シルク博物館は設計 坂倉準三だけど、あんまりピンと来ない……。
藤本涼さんの写真展「クラウドフォーカスの行方」。 記憶のかけらのような、不穏な空気のような、あわい、が仄暗く浮かんでいた。暗室の展示が特に良かったなあ。風景なのか抽象なのか、山なのか空なのか、見るたびに変化する。暗闇に点在してぼぉっと光って浮かぶさまを眺めていたら、泣きそうになった。藤本さんの作品を初めて見たのは2005年頃の恵比寿の小さなギャラリーで。そのときから作風は変化せずに、でも深化していて、今回も射抜かれた。しかも写真集付で!久しぶりに拝見できたし、嬉しかった。
ニュース詳細|BankART1929 横浜の創造都市界隈拠点


ここのスタッフの方に教えていただき、近くにある”ギャラリー パリ”へ。
f:id:mikk:20190714204758j:plain
建物が素敵。あとで調べると、旧三井物産横浜ビルで、明治44年に建てられた日本初の鉄筋コンクリートオフィスビルだそう。美しいお姿。設計は遠藤於菟でした。1階のギャラリーへ入るとテレピンの匂い。井上絢子さんの「さりながら」。油彩の作家で、光でぼやけた色彩が美しく、藤本涼さんと共通するものがあった。


f:id:mikk:20190714205421j:plain
横浜のこの界隈は、私の生活圏からはちょっとだけ離れたエリアで、渋谷から(いや、埼玉県和光市から!)スッと電車一本で行けるのに、非日常感ある不思議な空気が漂っていて、時々訪れるたびに迷い込んでしまうのだ。

アマンダと僕

f:id:mikk:20190705213314j:plain
久しぶりに映画を見に出かけた。夕刻、外へ出たら、湿り気ある風の匂いが夏だった。ああそうだった、この匂い。
パリの街の空気を含みながら、この街で暮らす彼らの心の動きに寄り添う音楽とともに、彼らの「これまで」と「これから続いていく」日々の "あいだ" をささやかにすくい出す、映像のやわらかい光。喪失した心へもたらす希望を、こんなふうに見せてくれるなんて!ああ!
出来事を映像や台詞できちっと説明することはなくとも、何気ない表情だったりのちょっとしたところで心にふわりと重なっていく描き方が好きだ。やー、アマンダちゃんがほんとうにかわいいんだ。
前作「サマーフィーリング」ではジョナサン・リッチマンなタイトルでFELTとBlueboy、今作ではPalesaintsとGo Betweensをつかう監督には親近感しかない。レコ屋シーンも嬉しかったなー。モグワイの鷲ジャケポスター貼ってあったけど、何故今だに?とかどういうセレクトの店なの?感はあり。フランスのレコ屋行ってみたいな。楽しそうだなあ。にしても映画を音楽からの視点で販促しないのが、今の日本なんだなー……。今CDショップのサントラコーナーにいたら、めっちゃ張り切るわー(遠い目)
今もアマンダと僕とまわりの人々の日々を思い出し、元気かなってパリに手を振っている。
「映画鑑賞」とひとことでいっても人それぞれ、いろいろある。昔のようにたくさん見ることは難しいけれど、これは、という作品を射抜き、見る時間と気力を作り出す。「アマンダと僕」を見て、私はどういう映画が好きなのかということを改めて思った。こういう映画が好きなんです。

night with boris

6.24 月曜日*1。ファッションレーベルであるyo asaによる企画ライブは今回も素晴らしかった。会場は渋谷www*2 dipBorisの対バンにBoris with ヤマジカズヒデのセッション。中山晃子さんのAlive Paintingとともに。耳の記憶も目の記憶も皮膚の記憶も、脳みそを映写機にして夜空に映し出せる。ヘヴィなのに軽やかで、澄んでいながら濁流で、轟音なのに静寂な、あのひとときだけの時間だった。
開場時フロアにはEXTRUDERSが掛かっていて、嬉しかったー。また活動してくれないかな……。
まずはdip。リアルタイムで創り出す映像に浮かび上がる3人。1曲めは新曲!重く蓄熱しながら繰り返すフレーズは止まること無く暗闇を走っていく、映像はプクプクと泡が生まれては消え生まれては消え、聴覚のリズムと視覚のリズムが重なって、ふっと心のなかが浮き上がって”宇宙だ!”って喜びに震えた。セットリストによるとタイトルは”eva”。2曲めは途中に久々の”baselines”を挟みながらのインスト”draw the line”、それから”krauteater”、後半にふいにやってくる昂揚感がたまらない。”hollowgallow”はアラビックなフレーズで転調するのがすごく好き。最後は鉄板”break on through”、シャウトしすぎず、クールに熱い音。遮るもの無く映像が眼球に映り、耳は演奏をそのままドンッと吸収し、たくさんの人の中にいるのに私だけのような感覚に陥った。今日のライブは「dip 2019ver.」の確定版だったのではないだろうか。このところの実験モードが戸川純さんのライブに参加した所以もあるのかライブ感を失わずに、でも細かな音作りがされていた。あとドラムの音がよかった。高いところからスタッと落ちる印象が、今日は低いところでまとめられていて、その分重みがあった。明らかにborisファンな人たちも音に体を合わせて盛り上がっていて、嬉しかったー。


転換時のBGMはYoung group。yo asa企画ではおなじみ? 彼らの曲をこういうライブハウスで聴くのは不思議な気持ち。ヤマソロで木之下さんとやってくれないかなー・・・


borisは、UFO clubでのwith michio kurihara以来。うん、個人的には栗原さん有りborisでギター対決見たかった……。ううう。これまで何度か見ているborisの音圧はひ弱な私には重厚すぎて打ちのめされてしまうのだけど、今日は天井の高いWWWの音響のためか体に過度に来るところはなく、選曲もポップめなのかな?轟音混沌でも聴きやすくて、のめりこんだ。にしても彼らのライブはタフなエンターテイメントだなあと改めて痛感。そこがメタル的なのか?な? 二郎のラーメンのようにドンッドンッドンッと重ねて重ねて、見得を切って、でもスープは昭和なあっさり醤油味ってところが面白いなあと今思い返している。

borisのときの中山さんの映像は重い砂嵐のモノクロームで、これと対比させるとdipのときは水溶性の青と赤だった。そんな聴覚と視覚の印象の組み合わせが面白い。


最後に、boris with ヤマジカズヒデ。1曲めはドローンなヘビーな轟轟轟。形のない渦のなかにヤマジさんの弦の震えがビガーーーっと入ってくるの、痺れた。インプロかと思ってたらborisの曲で”phenomenons drive” 、borisの曲やるなら”Fuzzy reactor”も聴いてみたかったなと贅沢なことを書いてみる(それやったら多分泣いてる)。2曲めはやはりの、”天使”。ボーカルはWATAさんのみで、長年耳に残っている雰囲気とは異なる、硬質な感覚。ギターソロは感傷的な余韻は薄かった。最後はPYGの”花・太陽・雨”カバー。borisが海外でも高く評価されるのは、ああいう音でこういう曲をやってしまうところもあるのだろうか。

ひたすら浴び続けた轟音なのに、ぐったりもせず耳の中に残像も無く、終始とても楽しかったなあ。あんなに暴力的な音なのに、ね。
dip、次のライブは「9.15 FEVER」。狼煙が呼ぶ、のか?

*1:会社から渋谷に直行してお腹すきすぎて公園通りをクッキー食べながら歩いていたら某さんに見つかってしまった!

*2:トイレ行くと、シネマライズを思い出す。でも前よりもトイレ狭くなったよね?