uminecosounds 2年ぶりのライブ

(気力が出たので早々に綴ってしまおう!)
古里さんはウミネコカレーを移転し大人気店として稼働させてるし、音楽活動は停止かなと思いながら、お店行くたびに美味しさが増してるカレーを食べると、バンドも続ける気持ちあるよねきっと、と思っていた。レコーディングしてるとのお知らせが入り、そして漸くライブ!2018年ウミネコカレー3周年イベントぶり!


会場は渋谷7thフロア、対バンのモールス聴きながら、あーnest文化ってあったよねえと思いだしていた。ゼロ年代頭の、自由で緩い雰囲気。服装が90年代とは確実に違うとか。
ウミネコが始まったのは8時40分ごろだろか、ステージに上がった彼らからは久しぶりさを感じさせないのは古里さんとヤマジさんはしょっちゅうお見かけしているからか。1曲めから新曲!ベースラインが際立った、ハードな音像とこれまでにない展開に驚いた!ギターソロはサイケデリックで何処かに連れてってくれるようだった。もう!もう!もう!興奮してしまった。ゾワーっと毛穴が逆立つ感覚!ブワーッと体が昂りっぱなし!


「まちのあかり」など鉄板曲を廃した新曲中心の選曲で、今のuminecosoundsを聴かせてくれた。
ベースが立った楽曲多め且つ古里さんのMCに「ほら、アレを言わないと…」って振る須藤さんは音は勿論、バンドの要。コテさんは中盤にヤマジさんとこでコーラス入ったときに無邪気な様が相変わらずだなーと思いきや、最後にMCを振られて「平日の夜に来てくれて、ほんとにありがたいです」と真面目なコメント。久しぶりなウミネコでのヤマジさんの音色は新たな風合いが加味されていた。古里さんはちょっと照れくさそうにしつつも、バックの演奏にスゲーな!って感嘆した顔で楽しそうなのが嬉しかった。


タフな音とユルさの無い様に2年の月日を想う。スパイスのように各メンバーの存在があって、それ単体でもいいけれど、やっぱり混ざって絶妙な加減で出来上がるのが、uminecosoundsの音だと再認識。あー楽しかった!ホックホックの笑顔で席を立ち、エレベータにダッシュで乗り込み、ホームにはちょうど電車来て、最短記録で帰宅した。


いい楽曲いいバンド。もっと知られて聴いてほしいなと切に願う。フジロックも出れればいいのにね、バンドと店で。オレンジコート無い今、ハマるステージが無さげだけど。まずは来月、ウミネコカレー5周年記念ライブ!
LIVE - uminecosounds

苔のように

木曜の夜に公開されたuminecosoundsの新曲『苔のように/平常心』2曲組MVを見て、大興奮。穏やかでメロディアスな「苔のように」とタフでサイケデリックな「平常心」、震える・・・!アルバムタイトルは「味噌」とのこと。ウミネコカレーでは、味噌スープ・ひよこ豆とポーク2種盛りご飯少なめ・レモンピクルスを頼むのが定番です。


www.youtube.com


そして眠りにつき真夜中午前2時、目が覚めたら世の中がぐるぐる回っていた。そして吐き気があるのに起き上がることが出来ない。私の様子に目が覚めたY氏が洗面器を持ってきて、吐いた。その後なんとかトイレへ行き、何度も吐き続けると今度は全身が痙攣し唸るように。救急車を呼び、病院へ。結果問題はなさそうで原因不明、タクシーで帰宅したのは朝7時だった。Y氏の存在のありがたさを改めて痛感。ありがとう。
今職場が大変な状況なのだけど、昨日の金曜日は休んで一日寝ていた。夜になっておかゆを食べてみたけれど、2口で食べられなくなった。翌朝は寒くて、予報通り雪が舞っているようだ。お湯に味噌を溶かしたのを飲んでみたけど、やっぱり3口で飲めず、また寝た。そして今、お湯にポカリを混ぜて飲んでみたところ200CC飲みきれてホッとした。


寝てるばかりもマズイと思いつつも何かを吸収する気になれず、とりあえず文字を起こしている。体調不良をネットに晒してごめんなさい。気力が出たらuminecosounds2年ぶりのライブの感想を綴りたい。それと「苔のように」で思い出した尾崎翠を読み返したいな。

遠く離れて

f:id:mikk:20200111222547j:plain
昨日は会社を休んで、いつもと反対方向に電車に乗り、乗りなれない路線に乗り換え、ちょっとだけ郊外の街へ。駅前のごちゃごちゃと店が並ぶエリアを過ぎて歩いていくと、変わったと感じる風景が突然訪れる。坂を登って下る途中に給水塔がにゅっと向こうに見えたりする。住宅と畑の間の道を抜け、谷の合間の幹線道路を超え、沢のような道を進むと山脈のように巨大団地が並んでいる。集落のような団地を超えて、山を下るように歩みを進めると、丘陵を切り開いた土地に階段とセットで立つ家々があり、八百屋や肉屋があり、居酒屋があり、チェーン店が増えて、中古レコ屋に寄って7インチ買って、駅に戻った。駅前には警察官とピーポくんがいた。快速に乗って途中下車、珈琲豆を買って新年のご挨拶。そしたらもう夕方だった。

f:id:mikk:20200111223920j:plain

平日のお休みはあっという間に過ぎていく。


f:id:mikk:20200111224019j:plain
f:id:mikk:20200111224120j:plain

今日は渋谷へ。その名の通り「谷」のある街。ビルが山のように連なっている。駅周辺を歩いてから「8月の終わり、9月の初め」を見た。久々のル・シネマ、背もたれにまっすぐ座る男性が字幕半分を覆い隠すため、体を斜めにしながら見た。うぐぐ。原題「Fin aout debut septembre」なので、直訳と言える邦題に惹きつけられずにはいられない。1998年制作という時代がスクリーンに溢れていた。彩度が低い世界は冷たいだけではなくやわらかさが残っている。女性の眉は細く、ピタッとしたTシャツという姿は、フランスもなんだっけ。。。クロエ・セヴィニーみたいなベリーショート!登場した途端スクリーンがキラキラ輝くほどの素敵な子は、ミア・ハンセン=ラヴだった。会話に出てくるのは「ステレオラブ」に「マトリックス」、原稿の文字データはフロッピー、デスクにはmacの一体型筐体。そして、部屋の固定電話が鳴り、連絡が付かないのが日常的な時代。淡々と綴られる、ある一時期の出来事。アサイヤスは43歳?、この歳なりのあれこれがありながらも気持ちはまだまだ全然若くって、若さゆえの感覚が散りばめられていたのと、ミアは確実に影響を受けているなーと思わされた。
あの頃見ていたら、あまり楽しめなかったかもしれない。そして、90年代から遠く離れてしまったんだなと強く感じることに自分でも驚いた。最寄り駅へ戻ると暗くなってきた空に一番星キラリ。
f:id:mikk:20200112101953j:plain