窓とは

東京国立近代美術館にて開催の「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」の記録。
YKKが設立した『一般財団法人 窓研究所』の活動による展覧会。昨今の日本における「文化など荒んだ」時代においてメセナ活動とは、YKKすごい。ホントに凄い。無料配布のパンフや設営など、通常の企画展よりも費用がかかっているだろうし、YKKの心意気と気合が伝わる素晴らしい内容だった。下記にリンクのサイトもすんばらしいので、是非見てください。
窓研究所 WINDOW RESEARCH INSTITUTE


一部を除き作品撮影可、どうせ写真撮る人出てくるしSNSで勝手に宣伝可能になるゆえのイマドキの手法ですな。個人的には引っかかりはあるものの、どうせなら撮ろうと開き直った次第。でも気持ちちょっと遠目で撮影。


会場に入ると、バスター・キートンキートンの蒸気船」のワンシーンがエンドレス。バタンバタンした動きが面白くて笑ってしまう。この導入部で今回の展示の重層的なキュレーションがわかるのです。

横溝静の「Stranger」シリーズ。”見知らぬ人に手紙を送り、指定の時間にその人の家の前にカメラを設置し、被写体となることに承諾して窓辺に立った人を撮影する”という作品。なんとも微妙な表情とカメラの間にある「窓」の存在。その距離感にぐっときた。

北脇昇「非相称の相称構造」コレクション展等でも見たことはあったけれど、企画の趣旨に合わせて選ばれるとまた新たな発見。すごく好き。
f:id:mikk:20200119150659j:plain

茂田井武は複数展示。なんてモダン!なんて愛らしい!うきうきしてしまう。
f:id:mikk:20200119140527j:plain


マティスは2作品。マティスは窓を印象的につかった作品多いけれど、今回のは特に好きではなかった。。。ティルマンスは問答無用に良いよねえ。ロスコには驚いた。ロスコのアレを窓と思ったことはなかったけれど、心象風景=窓と考えるのは確かに。

ジェイムズ・キャッスルもとても好き!小山登美夫で以前やったなんて知らなかった。ぼあんとした色調が素敵。
f:id:mikk:20200119141358j:plain
ジェイムズ・キャッスル 展 – Tomio Koyama Gallery 小山登美夫ギャラリー

奈良原一高!「王国」シリーズは大好き!そうね、これも「窓」だ。そしてこの写真見るたびに脳内でJoy Division ”Atmosphere”が再生されるのです。
f:id:mikk:20200119141448j:plain
www.youtube.com


「窓の技術」と「窓を描いた作品」の年表も面白かった!絵画には窓を背景に用いた作品が数多くあるけれど、建築における窓はガラスや窓枠など時代や地域によって様々な変遷があるわけで、並列して見比べることにより、ナルホド!な発見。更にピーター・アイゼンマンによる設計図なども見せることにより、記号的に描かれる「窓」と実際の建築ー現存物としての「窓」の違いも面白い。

中盤、映像作品が並ぶ中で確かに!だったのが、JODI「my%desktop OSX 10.4.7」PCの「ウインドウ」をモチーフにした作品。そうだね、コレも「窓」だ。


最後の一部屋はリヒター「8枚のガラス」、これが最後にあることで「窓とは」という概念を再考します。この作品はどの視点から見るかで、映り込む景色が変わるのだ。それはひとつの視点で物事を見るのではなく、様々な視点で見て、捉えることの大切さを感じさせた。
f:id:mikk:20200119143625j:plain
f:id:mikk:20200119143641j:plain


建物入り口には、建築家の藤本壮介による大型模型があった。大きな窓がいくつもある箱に入ると、空が見える。タレルの作品を思い起こす。壁で遮られた室内の感覚もあり、内と外のシームレスな関係性があった。
f:id:mikk:20200119144047j:plain
f:id:mikk:20200119144109j:plain


窓は雨風を防ぐ「実用品」であり、「装飾品」でもある。そしてフレーミングにより「内」と「外」の視線を与えてくれる。切り取られたもの、見えるもの、見えないものをどう捉えるか。物事を「窓」の視点で捉えることへの新たな気づきがあった。


近美で好きなもの。
f:id:mikk:20200119145329j:plain
ここからの眺め。
それと、萬鉄五郎「裸体美人」。見ると元気になる。


f:id:mikk:20200119145558j:plain
帰り道の首都高。


電車に乗って珈琲飲んで、また歩く。
f:id:mikk:20200119145646j:plain
造形美なんてもの、皆無の建築物。あの展示を見た後だと殊更悲しい。

uminecosounds 2年ぶりのライブ

古里さんはウミネコカレーを移転し大人気店として稼働させてるし、音楽活動は停止かなと思いながら、お店行くたびに音楽が気持ちよく流れるなか、美味しさが増してるカレーを食べると、バンドも続ける気持ちあるよねきっと、と思っていた。去年レコーディングしてるとのお知らせが入り、そして漸くライブ!2018年ウミネコカレー3周年イベントぶり!


会場は渋谷7thフロア、対バンのモールス聴きながら、あーnest文化ってあったよねえと思いだしていた。ゼロ年代頭の、自由で緩い雰囲気。音作りも服装も、90年代とは確実に違うとかそういう感じ。
ウミネコが始まったのは8時40分ごろだろか、ステージに上がった彼らからは久しぶりさを感じないのは、古里さんとヤマジさんはしょっちゅうお見かけしているからかしら。1曲めから新曲!ベースラインが際立った、ハードな音像とこれまでにない展開に驚いた!ギターソロはサイケデリックで何処かに連れてってくれるようだった。もう!もう!もう!興奮してしまった。ゾワーっと毛穴が逆立つ感覚!ブワーッと体が昂りっぱなし!


「まちのあかり」など鉄板曲を廃した新曲中心の選曲で、今のuminecosoundsを聴かせてくれた。
ベースが立った楽曲多めで、MCのフリ含めまわりを動かす須藤さんはバンドの要。コテさんは中盤にヤマジさんとこでコーラス入ったときの無邪気な様が相変わらずだなーと思いきや、最後にMCを振られて「平日の夜に来てくれて、ほんとにありがたいです」と真面目なコメント。ヤマジさんは久しぶりなウミネコでの音色には新たな風合いが加味されていた。古里さんはちょっと照れくさそうにしつつも、バックの演奏にスゲーな!って感嘆した顔で楽しそうなのが嬉しかった。


タフな音とユルさの無い様に2年の月日を想う。スパイスのように各メンバーの存在があって、それ単体でもいいけれど、やっぱり混ざって絶妙な加減で出来上がるのが、uminecosoundsの音だと再認識。あー楽しかった!ホックホックの笑顔で席を立ち、エレベータにダッシュで乗り込み、ホームにはちょうど電車来て、最短記録で帰宅した。


いい楽曲いいバンド。もっと知られて聴いてほしいなと切に願う。フジロックも出れればいいのにね、バンドと店で。オレンジコート無い今、ハマるステージが無さげだけど。まずは来月、ウミネコカレー5周年記念ライブ!
LIVE - uminecosounds

苔のように

木曜の夜に公開されたuminecosoundsの新曲『苔のように/平常心』2曲組MVを見て、大興奮。穏やかでメロディアスな「苔のように」とタフでサイケデリックな「平常心」、震える・・・!アルバムタイトルは「味噌」とのこと。ウミネコカレーでは、味噌スープ・ひよこ豆とポーク2種盛りご飯少なめ・レモンピクルスを頼むのが定番です。


www.youtube.com


そして眠りにつき真夜中午前2時、目が覚めたら世の中がぐるぐる回っていた。そして吐き気があるのに起き上がることが出来ない。私の様子に目が覚めたY氏が洗面器を持ってきて、吐いた。その後なんとかトイレへ行き、何度も吐き続けると今度は全身が痙攣し唸るように。救急車を呼び、病院へ。結果問題はなさそうで原因不明、タクシーで帰宅したのは朝7時だった。Y氏の存在のありがたさを改めて痛感。ありがとう。
今職場が大変な状況なのだけど、昨日の金曜日は休んで一日寝ていた。夜になっておかゆを食べてみたけれど、2口で食べられなくなった。翌朝は寒くて、予報通り雪が舞っているようだ。お湯に味噌を溶かしたのを飲んでみたけど、やっぱり3口で飲めず、また寝た。そして今、お湯にポカリを混ぜて飲んでみたところ200CC飲みきれてホッとした。


寝てるばかりもマズイと思いつつも何かを吸収する気になれず、とりあえず文字を起こしている。体調不良をネットに晒してごめんなさい。気力が出たらuminecosounds2年ぶりのライブの感想を綴りたい。それと「苔のように」で思い出した尾崎翠を読み返したいな。