2月の終わり、3月の初め

もう、「音甘映画館」ではなく「音甘健康館」に改名した方がいいような気がする2月の日々であった。


2月4日 立春 昼間の散歩はあたたか。


2月5日 今日のお昼はやけに早く消化されてしまい、ひどい空腹感のまま夕飯だったからか、胃の痛みが急上昇。クミンやフェンネルなど手持ちのアイテムを総動員させて、寝る。


2月6日 胃のしゅわしゅわ違和感が増し、口内炎ができた。ここまでの状態久しぶり。うぐぐ。胃も頭も大混乱。Y氏は何キッカケなのかRIDE祭り。私はいまいち気力が出ないのだけど、ああ冬から春にかけての不安定な時期にRIDE聴きたくなるよなあ。


2月7日 今朝はベルセバ。この音も今の時期だなあ。昼間は16℃?、かなり暖かかった。3キロ先の街まで歩きで行って帰ってきた。あちこちの人気の店は行列で、一体何なのだろうか。近所のスーパーで芹が安かったので購入、今夜は鶏団子鍋に。鶏肉は塩麹に漬けて一晩おくと旨味が増して美味しい。


2月8日 腰湯をすると夜中に目が覚めないかも。/ 冷たい空気の1日だった。胃は回復に向かっているけれど、夕飯がご飯とお味噌汁(豆腐と白菜)だけでお腹がいっぱいになったのでちょっと心配。


2月9日 m-ageのベスト盤届く。当時めちゃくちゃハマったわけでは無いけど(brainbrive派)、聞くとやっぱりこういうの好きなんだよなあ。思ってたよりも暗い印象だったのが意外というか、だから好きなのかとも思う。


2月10日 昼は暖かかった。胃の調子は良くなったり悪くなったり。


2月11日 よく晴れたけれど風は冷たし。近所を散歩。誰も来ない私の秘密の場所でぼやーっと樹々と光を眺めていた。ただそれだけでとても幸せ。
f:id:mikk:20210212205231j:plain:w600


2月12日 今日は仕事でイラつくことがなく、ご飯も3食美味しく、その後も消化良くいただけて、よき一日であった。


2月13日 よく晴れて暖かな日だったけれど、あまり歩く気がしなくて、徒歩20分圏内をぐるりと。それでもそれなりに8キロほどだった。


2月14日 昨夜眠りについた頃、地震で目が覚めた。震源地にあの人この人の顔が浮かぶ。/ 未だに影響が残る状況でよく大イベントに固執するもんだよ。/ 今日もよく晴れて暖かかった。近くのお店でお昼食べて、大きな本屋さん行ったら1時間半近く店内にいた。気になってた本も買えて嬉しい。昨日、大型スーパーに久しぶりに行ったらとても疲弊したのは情報量の多さと人疲れだなと思ったんだけど、本屋は情報量の塊なのに疲れない。 / 夜はチリチリ頭痛開始、ぼんやりしてしまう。明日は悪天候らしい。


2月15日 夜中雨が降ったものの、朝の出勤時には止んでいた。社内の業務報告で酷い雨だと知るものの、自席から窓は遠く、退勤時も止んでいたから降雨の実感は無い。会社を出るとぐったりしてしまった。


2月16日 昼は会社ですき焼き弁当が出た。不安だったけど、量も少なめだったしゆっくり噛んで、胃薬とフェンネルティを飲んだところ、胃もたれなく夜に。ほっとした。しかしその代わりに帰宅後頭痛。Y氏は花粉症が始まってしまい、目が痒くかなり辛そう。


2月17日 頭痛のせいか気力なく寝てしまった(ので、次の日に書いた)


2月18日 頭痛は貧血のせいもあるのね。/ 「異国日記 7巻」を読んだ。心の中に溜まり続けてる気持ちが表れていて、ボロボロ泣いてしまった。


2月19日 午後休取得し、所用を済ませて散歩。晴れて気持ちの良い気候で、神々しい光を所々で見つけて嬉しい。千駄木から飯田橋まで歩いた。 / Akron/Familyのメンバーであったマイルズ・シートンが亡くなったことを知る。2000年代のバンド!って感じですごく好きで、2009年の初来日は待望の、歓喜に満ちたすんばらしい熱量だった。哀しいお知らせを目にしてぼーっとしながら頭に回る「あの空気」は、今どこに満ちているのだろう。


2月20日 昨夜初めて飲んだ薬が合ったようで安心した。移転もあって、何年ぶりかで訪問した店で昼ごはん。変わらぬ味!おいしかった。にしてもカウンターのみでも3人組の若者来店、ずーっとしゃべってた。/ 昨日はどこまでも歩けたのに、今日は全く駄目で、早々に電池切れ。帰宅して寝た。


2月21日 今日もいい天気!昨日とは違って“歩ける!”と感じて、半蔵門から調子に乗って渋谷まで歩いた。途中、沈丁花の薫りを感知してしまった……!


2月22日 会社帰りに向かった医者での治療の影響か、蕁麻疹が身体中に出て、半泣きで就寝。


2月23日 家を出る気になれず。昼は残りご飯とムング豆でキチュリというインドのお粥っぽいものを作った。外に出たY氏がお土産に和菓子を買ってきてくれた。昨日の猫の日でこんな練り切り。かわいいと言いながらブスリと半分に。/ 「アザー・ミュージック」を見た感想は別途書く


2月24日 昨日ほぼ歩かなかったせいか、ふくらはぎが固まっているような芯がないような感じ。風がとても冷たい日。


2月25日 会社休んでウチで過ごした。午後に夕飯の支度がてら近所を歩いた。いつもと違う道を歩くと街が違うような風景。梅が彼方此方に咲き誇り、鳥の声がした。


2月26日 近所の木蓮の花弁が大きく呼吸をし始めた。/ 不安定な気持ちは外に出てしまいその場の空気を不健全にしてしまう。


2月27日 朝は「デザインあ ライブ」から。僅か15分だけど濃密!「デザインあ」を謳いながらも、いつものCorneliusライブがギュッと詰まってた。まさかのcount five or six!!映像は国営放送とは思えない遊びを仕込んでて楽しい。このままanother view pointでもいいのよ……。/ 晴れたけれど風は冷たい。髪をパツッと切った後、近くのビルの中庭に行くと誰もいなく、陽があたるベンチに座って本を読んだりぼーっとして過ごした。間近に来た鳥はヒヨドリなのかしら。 / 夜はBS1ロックフィールドの伝説」を見た。めちゃくちゃ面白かった!名盤を生み出したウエールズの農場のスタジオの話。70年代ロック中心かと思いきや、時代の変化の中で登場したローゼズの話に興奮。そしてシャーラタンズのロブに涙。


2月28日 お昼は近所でスコーンとマフィンを買いに行く「今日で2月終わりだよー」と言われ、ええ!マジで!すっかり忘れてたよ、朝刊も読んでるのに。今日はうちでのんびりした。


3月1日  近所の木蓮の花弁の幾つかが綻んでいた。 / 頭の中がもんやり苛々が家で出てしまい後悔。


3月2日  朝から春の嵐。会社休んだ。今までならば行くけれど、行ってしまえば仕事当然しちゃうし、そういう積み重ねが後でドッと来るんだよなと思うことにした。昼前に少し青空も見え隠れ、天気レーダーを見れば14時以降はまた悪天候予想、近所の店でマカロニグラタン(牛乳+塩はダメな組み合わせと学んだものの、食べたかったのよ→やっぱりダメだった)食べて、電車乗って目黒へ。庭園美術館で「20世紀のポスター」展を見た。かっこいいのは当然として、学ぶものと泣けるものがあった。 / 散歩もせずに引き返し、帰宅直後にまた嵐が吹き荒れた。 / 夕方にネット接続不良になり、Y氏がプロバイダーに電話。共用灯も付いていないことに気づき、分電盤が落ちたかもーと思ったらやっぱりそうだった。雨が吹き込み絶縁不良。まあ、ネットもテレビも見れないなくても、録画見たり本読んだり音楽聴くいつもの生活でいいのである。 20時過ぎに復旧。夜間対応ありがとうありがとう。/ にしてもネットで全て賄う生活の場合はコワイね(ストリーミングやらスマートなんちゃらやら)


3月3日 昼休みに外を歩く気になれず。 / でも話したい人と話せてよかった。/ 帰宅時、まだ仄かに明るい空に木蓮の白い花弁が開いていた!
f:id:mikk:20210303192251j:plain:w400

「other music」を見て思い出話

2016年に閉店したNYのレコード店「Other Music」のドキュメンタリー映画を、漸く見ることが出来た。未公開映画の紹介や配給を行うグッチーズ・フリースクールが「本と音楽の映画祭 Home School Edition」と題して、期間限定でオンライン配信をしてくれたおかげだ。昨年春に行われたオンライン配信は、支払方法が気になって見なかったのだ。
https://gucchis-free-school.com/event/homeschool/

既に本編配信期間は終了なので予告編を。

『OTHER MUSIC』(アザー・ミュージック) 日本語字幕付き予告編


other musicについては昨年も書いたけれど、映画を観た後として改めて記すことにします。


冒頭、NYの街並とあの店が映し出された瞬間から、ブワッと胸の奥から立ち上がるものがあり、半分涙ぐみ笑い、グッと胸に刺さりながら見た。私の唯一の海外旅行が96年6月のNYで、当時はネットも無く、雑誌や人づてに情報収集も出来ず、とにかく歩いて気になった店に入った旅の最後に見つけたレコ屋が、other musicだった。


“記念に”自由の女神やワールドトレードセンターの展望台にコニーアイランドの遊園地も行ったけれど、サーストンに会えればいいなとアホな気持ちを胸にNYの街の中を歩いた。事前にめぼしい店を見つけてはいなくて、グリニッジ・ビレッジでは中古レコに雑貨、トライベッカやソーホーではギャラリーを見つけては入った。それからチャイナタウンを経て北上しながら歩き続けて、タワーレコードに入ったものの、oasisなどイギリス勢がメインの状況にアメリカのレコ屋という感じがしないなあと出ると、その近くにレコ屋を見つけた。天井が高くオシャレで明るい雰囲気で、入ってみると壁にヨラテンゴの”President Yo La Teng“と“New Wave Hot Dogs“が2LPで再発されて、ズラリと並んでいた。


ZESTみたいなレコ屋だ!って興奮した。新譜で、インディーものが並んでて、ウワー!これ!って昂った。ここで思い返すと、ZESTがノアビルから向かいに移転したのは95年8月*1なので、光を感じる店内と什器はother musicを参考にしたのだろうか。ちなみに「other music」のロゴはspacemen 3と同じフォントでは?とモンチコンの人が書いていて*2、確かに!で、CD棚の三角形が” Threebie 3”ぽい!とY氏が言った。


店内あちらこちら「目移りするのはこのこと」だったものの、既にお金はほとんど無く、7インチだったかをほんの数枚買ったぐらいのはずなのに何を買ったか覚えていない!酷い!英語は一切出来ず、クレジットカードも無い、20代前半のCD屋店員の若さ故の無謀な旅。


95年開店だからその翌年に、何にも知らずに運良く行ったんだなあ。写真も何でも撮ろうとはならなかったし(フィルムだし、怖かったし)、汚い文字でしか記録してない残念な私。
f:id:mikk:20210225125050j:plain:w400 *旅記録をその場で書き殴っていたのです*
映画では客がたくさんだったけど、当時はそこまでではなかったはず。そういえば店を閉じた時の片付けで「人気のある棚の周りの床が一番禿げていた」のが面白かった。そうやって店の歴史が作られたのだ。


ニューヨーク大学のあるエリアの、タワーレコードの近くに立地し、経営と接客のタイプの異なる2人の共同経営であること、魅力的なスタッフを雇用したことで品揃えが深くも広がったことが、90年代後半以降の音楽シーンとうまくリンクしてたんだなあ。眠ってた名盤が発見されて続々再発し、アメリカ・イギリス「以外」の国の音楽も紹介され(私も非常階段などの日本のノイズものがたくさんあって驚いたことを記していた。
f:id:mikk:20210225125236j:plain:w400
セルジュ・ゲンズブールを取り扱う流れはナルホドだったし、エスキヴェルあたりの再燃話にああー!だったし、ghostも登場したけどこれがdamon&naomiに繋がるのか!とか、ヴァシュティ・バニヤンなどこの店で知った盤が新たな音を生み出し、2000年頃にNYの音楽シーンが面白くなったのだと思うと、ファミリートゥリー的な広がりに震えてしまう。


→ 「アザー・ミュージックのオーナーが紹介する“アザー・ミュージックを象徴する10枚のレコード



恐らくは音楽が街から生まれた最後の時代だろうか。インターネットによってこれまで店内で交わされた音楽談義がネットの掲示板上で行われ、店に行かずとも決め打ちで購入できるようになった状況変化がとても象徴的。


こちらの記事を読むと、閉店後も「音楽好きの場を作り出す」心意気で活動を続けていらっしゃるけれど、今はどうなってるのだろうとサイトを見たら
www.othermusic.com スタッフたちが2020年ベストアルバムを発表してた!
「If you discover something you love from one of these lists, we hope you'll support the artists and labels by purchasing their music on Bandcamp or from your local independent record store. We wish all of you a safe end to 2020, and a much happier New Year to come. Enjoy the music!」


ネットが閉店の一因とはいえ、googlemapを見れば今でも追体験出来るよ!

https://goo.gl/maps/Fjs7z8YWspvPvZ9w5


街を歩き、店に入り、店主と話しながら見つけたものを購入し、家で聴いた音楽に影響されて、スタジオでセッションし、新たな音楽が生まれ、ライブハウスやフェスで誰かに聴いてもらう。もはや前時代の、今では禁じられた遊び事。私たちがマスクをせずに、なんの気兼ねも無く家から出ることを自由に出来るようになった頃、街には何があり、何に出会い、何が生まれるのだろう。とにかく今は、みんなが健康のまま暮らしを続け、希望を持つ体力を残して、一変した世界で歩き続け、また見つけていきたいのだ。

1月、ところどころ

f:id:mikk:20210204202204j:plain:w400
1月9日 朝早く目が覚めて、布団からちらりとカーテンを開けたら月が見えた。


f:id:mikk:20210204202605j:plain:w400
1月9日 お気に入りの場所。


f:id:mikk:20210204202710j:plain:w400
1月10日 世田谷区役所。前川國男設計の美しい建物が結局解体され、新しい庁舎をつくるらしいけど。決定がもっと遅かったら「職員が勤務し区民が集まるコミュニティースペース」なんて考えは見直しされていたのかな。



f:id:mikk:20210204203618j:plain:w400
1月14日


f:id:mikk:20210204203704j:plain:w400
1月17日 



f:id:mikk:20210204203758j:plain:w400
1月20日 節分ポスター、今年は全然見かけないけどこれはかわいい!


f:id:mikk:20210204203851j:plain:w400
1月21日 東大地震研究所入口にあったモニュメント


f:id:mikk:20210204203940j:plain
1月21日 こんな一瞬を掴まえることができた日はとても嬉しい


f:id:mikk:20210204204100j:plain:w400
1月21日 通りかかるたびに撮ってしまう


f:id:mikk:20210204204131j:plain:w400
1月27日 ライブ前。代々木駅横の古いビルはもう無かった。


f:id:mikk:20210204204205j:plain:w400
1月29日 空は繋がっているか(dip脳)


f:id:mikk:20210204204502j:plain:w400
1月30日


f:id:mikk:20210204204527j:plain:w400
1月31日 シルエット


f:id:mikk:20210204204555j:plain
チャーミーちゃんに小さな小さなお友達が。
f:id:mikk:20210204204618j:plain:w400
クマーにも。
f:id:mikk:20210204204637j:plain:w400
ミニチュアコレクションが出たんですよ・・・
kenelephant.co.jp
我慢してたけど大人買いをしてしまった・・・ふふふ