ノーザン・ソウル

今日はあんまり寒くないねーって外へ出た午後は新宿シネマカリテで「ノーザン・ソウル」を見た。'74年 イギリス北部での”ノーザン・ソウル”シーンを描いた物語。音楽とダンスを目の当たりにしてパアッと開いていく世界!身も心も踊らされるこの曲は一体なんだ?!って世界の謎を解き明かすように探し求め、自らも誰も知らない7インチシングルを見つけようとサクサクする喜び!そして自分や友達だけではなく、みんなを楽しませたいとレコードを回すようになる。こんな映画楽しいに決まってる!あーこういう曲、20代の頃zooとかインクスティックで聴いたよなあって思い出してモッズが流行ったあとに続いたシーンなんだなーとか、オレンジ・ジュースやローゼズに流れるリズムを思い起こしたりした。アクロバティックなダンスにブルース・リー、ラグランスリーブにバギーパンツ、スクリーンに映るいろんなものが繋がる何かであることが面白かった。親が行ってみたら?と勧めた「ユースクラブ」がダンスホールなのでびっくりしたり、レコ屋の試聴機はあんなデカイの!とか、場所の空気が伝わるのも良かった。
昔ならばシネセゾン渋谷で公開しただろうなって思いながら、数年前に企画上映され、評判が高さが熱意になって一般公開に繋がった経緯はまさにこの映画そのものだなあって嬉しくなる。


その後吉祥寺へ。sloppy joeの曲はやっぱりすごく好きだ。パーッとトランペットが高らかに鳴ると泣きそうになる。それぞれのメンバーの演奏そして歌声、どれも気持ちよくて、楽しい。小出さんがDJなのも嬉しかったなー。ただ、私の許容量の無さとはいえ、スモールサークルオブフレンズな場にはぼっち感満載で、照明が明るいちいさな会場と煙草もあいまって、居場所がないのはつらかったス。
外へ出たらすごく寒くて震えながら帰宅した。

今日は風が冷たい日でした。雪が舞ったことも知らないまま会社帰りに喫茶店へ行くと、店主に「再結成ですよ!」と言われて「エエー!」とマジで声を上げるほどびっくりしたけれど、実は思い入れが無いのであった。すんません。彼らに限らずだけど、あの頃出て来たバンドにはギラッとした様を感じることが多くて馴染めず、感覚的に違うフェーズというか、時代の変化を思ってた。そしたら遠いところへ越してしまった人が、久しぶりに会ったときに「今凄く好きなバンド」と熱くなっていて、あーこの人とはもう、違う道にいるんだなあって若く狭くイタイ想い出……。ははは。お前語りはいらないですね、はい。まあそういうことを放じてみたくなった今日のニュース。ともあれ、昨今ネット上で知ることが多い中、対面で教えてもらってひとしきりその話題をするのも新鮮でした。ちなみに本日掛かってたアルバムが良かったので尋ねると、Grizzly bearでありました。その後ネット見ると肩身の狭さを痛感するのであった。

町田へ

玉川学園前駅から歩き始めた。駅前からすぐ坂道で、ここからはずっと起伏ある道のりだった。
どの家も道に面したガレージの横に階段があって、そのうえに住居があった。分かれ道のゆるやかに上る様に、昔々の往来がふっと思い浮かんだりした。坂を上ると開けた地になり、田畑の跡には白梅が少し咲いていた。そうして、街道を渡ると薬師池公園。入り口からぐぐぐっと深く下りていく遊歩道はびしゃりと濡れていた。昨日の雪はほぼ消えていた。大きな池があり、花壇というよりは畑が広がり、樹木で囲まれたこの公園は、里山をそのまま残したようだった。

更に西へ進み、ゆるゆると下ったその先は四方を坂に囲まれた大きな交差点で、その名称とおりの「谷戸」だった。ここから今度は坂を登っていく。ゆるやかにずっと続いて左へ曲がるカーブを抜けると、

赤と青のラインの!

うれしい!
こうして、団地が多く立ち並ぶエリアへ。広い広い敷地のなかの住棟の間を抜けて、さながら森の中を歩くようにうろうろと。
貯水池の真ん中におおきな鳥がいた。


その先には

給水塔のあるこの景色も、あと何年だろうか。古淵まで歩くつもりだったけれど、時間切れ。バスに乗った。
まだ冬、でも春に向かっている。