uminecosounds「味噌」

5年ぶりの新譜だとは信じられないほど、この5年間は濃厚だった。2014年7月に前作2ndがリリースされたものの、翌年2015年2月に古里さんは西永福にカレー店「ウミネコカレー」を開店。あっという間に人気店になり、え?バンドは??と思いきや、その翌年2016…

ジャケ絵 再び

あれからいろいろ描きました。その時になんとなくテーマがある中で数枚描く日々の繰り返しなのが、なんとなく感じられるかと。

ジャケ1991

91年に何聴いてた話を目にして思い出したのは、これだった。中学のときに初めて好きになった洋楽のバンドがJapanだった。Grassvalleyキッカケなのは言うまでもなく。既に解散してたから、オンタイムで活動を!なんてビックリした。 そしてこれ。1stが強烈に…

ジャケ絵は楽しい

3月末から自粛要請→4月頭 桜が満開なのに観に行けないからおうちで咲かせようと絵を作る→季節の移り変わりを作るようになる(4月の色 - 音甘映画館)→4月中旬 other musicのドキュメンタリーの記事を読み、昔NYに行った時に旅行絵日記描いたことを思い出す(…

Teenage Superstars

vimeo.com とり急ぎ、この映画を観た。昨日5月1日 1:30pm(UK Time)から3日間、限定配信。明日までに是非見よう!グラスゴーの音楽シーンのドキュメンタリー。最高。笑いながら泣いた。英語力ゼロの我が身を憂いつつ。まずパステルズから始まって(ステファ…

other musicとNYの思い出

rockinon.com 以下のウェブサイトにあるレコード店や劇場のウェブサイトからレンタルすると、リンクがメールで送られてきて、そこから72時間以内だったら映画が観られるというシステム。しかも、映画の売り上げの50%はその店に支払われる。 http://www.fact…

マスクといえば

国からマスクが配給されるらしいですが。 マスクといったら、やっぱりまずは じゃないすか。 これとか これとか あら、みんな名盤・・・! これくらい、後世に語り継がれるのを頼むよ(音甘、世相を切る)。 んでもって。ホントの「布マスク」のほう。 リネ…

moiré  motion  e motion

今年の桜、第一号。倉嶌隆広さんの展示「moiré motion e motion」を見るために白金へ。どこにギャラリーが?という住宅街の路地を入り込んで、???と思いながら、あ、あった!ここだ!モアレ、モアレ、モアレがいっぱい。これだけでもかっこいいのに、蓄光…

苔のように

木曜の夜に公開されたuminecosoundsの新曲『苔のように/平常心』2曲組MVを見て、大興奮。穏やかでメロディアスな「苔のように」とタフでサイケデリックな「平常心」、震える・・・!アルバムタイトルは「味噌」とのこと。ウミネコカレーでは、味噌スープ・ひ…

謹賀新年: 子ジャケ

グロいのばかりで困ったなあと思っていたところ、コレコレコレ! ジャケも音もサイコーな1枚。大好き。 そしてこのあたりを忘れちゃいけない。 2020、ニーマルニーマルと笑顔が続く日々でありますよう。打ちのめされることは起こるだろう、けれど、舵先…

今年の音甘映画館 【小屋のなかで】

ミニコミ「英国音楽」とあのころの話 1986-1991 UKインディーやらアノラックやらネオアコやら......の青春作者:小出亜佐子,カジヒデキ,仲真史出版社/メーカー: DU BOOKS発売日: 2019/11/08メディア: 単行本小出さんは表舞台で語らないと思い込んでいたから、…

今年の音甘映画館 【音楽編】

Horse jumper of love / so divine ゆったりとまわる小さな世界にギリリと差し込むギターが胸を刺す。 Sandro perri / soft landing 去年に引き続き今年も。この方が鳴らす音はどうにも私の心の奥底を突くようだ。20分に渡る1曲目だけで、もう。来日公演が楽…

newtown

多摩センターのイベント。駅前のペデストリアンデッキと廃校した元小学校が舞台で、やってる内容自体は「20代の需要と供給」メインで、オバチャンはまるでのめり込めず。”文化祭”なゆるいノリに「あーそもそも学生のときはみんなでつくりあげるノリが嫌いで…

Cornelius Performs Point

リマスターに合わせて開催された「Performs Point」がなんと、オーチャードホールにて。3階席まである天井の高さが気持ちよかった。 観客には我ら世代〜以上の方ばかりで、パートナーとの人も多く、あの頃から歳を重ねても今の暮らしの中にもCorneliusがある…

音冷房

残暑お見舞い申し上げます。 熱波な空気をひいやりしてくれる音盤を。Jardin Au Fouアーティスト: Hans Joachim Roedelius出版社/メーカー: Bureau B発売日: 2009/03/31メディア: CD クリック: 1回この商品を含むブログを見るFrozen Silenceアーティスト: Sa…

”all about cornelius"を読みながら思い出すこと

cornelius旧譜リマスター、「point」とともに「The First Question Award」も発売されたので驚いた。気恥ずかしくなるような、90年代前半の音とアオイ声が詰まったアルバム。”「アメリカで『POINT』をリイシューしないか?」という話があったので、「じゃあ…

7月から8月

8月最初の土曜日。外は暑すぎて歩く気になれないだろうから、夕方まで家でダラダラかなといった塩梅。なのでこのところの日々のあれこれをまとめて備忘録で綴ることにします。 7月はとにかく曇りと雨だった記憶。終わり頃にいきなり暑さ弾ける!って展開は、…

「イングランド・イズ・マイン」を見た日。

今日は午後お休みして、映画を見ました。「イングランド・イズ・マイン」。スミス結成前夜までの若き日のモリッシーを描いた作品。なるほどこの手もあるのか!な切り取り方。音楽映画的エモーショナルは弱めで、苛立ちを抱えながら日々を過ごすこの青年が「…

KUNG-FU GIRL

KUNG-FU GIRLアーティスト: KUNG-FU GIRL出版社/メーカー: TESTCARD RECORDS発売日: 2019/05/15メディア: CDこの商品を含むブログを見るアノラック・イズ・ノット・デッド! KUNG-FU GIRLの1stアルバムは再生ボタンを押した途端に、ぶわああああ!と昂ぶって…

私の「平成」音盤

巷のなんでもソレが付いて回って煩えよ状態のなかではありますが、私が過ごした平成の日々に鳴っていたアルバムを挙げることにしました。ありがちだけど、こういうの考えるの好きなのです。ちなみに「邦楽のみ」です。だって海外のひとは昭和も平成も知らな…

BERAさんのこと

昨晩寝る前にネット上でちらりと見かけた言葉に信じがたい気持ちで就寝し、朝改めて見ると事実として報じられていた。駅構内でdip Tシャツ着てる人が向こうから来て、驚いて二度見したらベラさんで、もっとビックリしながら嬉しかったことがあった。 dipの活…

カヒミ カリィ&佐久間裕美子 新刊発売記念 トーク&サイン会

にきたま作者: カヒミカリィ出版社/メーカー: 祥伝社発売日: 2018/12/13メディア: 単行本この商品を含むブログを見るMy Little New York Times作者: 佐久間裕美子,伊藤総研出版社/メーカー: NUMABOOKS発売日: 2018/12/18メディア: 単行本この商品を含むブロ…

「ロシュフォールの恋人たち」とピンク色

先日ミシェル・ルグランが亡くなった。90年代昔話になるけれど、oliveに載った「ロシュフォールの恋人たち」の上映広告を部屋に貼っていた。洗練されたカラフルな画は殺風景な部屋を彩り、憧れを乗せてくれた。サントラが今までと違う切り口で語られて、”映…

「今年のベスト」って

映画についても他の何についても何が正しいのか誰も分からない時代です。こういうときこそどこかで聞いたような調子のよい言葉ではなく、自分の言葉で綴っている言葉を信じたいなと思います。知識の広い狭いの話ではなく、それぞれのパーソナルな映画史とい…

謹賀新年:亥ジャケ

あけましておめでとうございます。 ・・・コレ、豚ですよ、ねえ。。。昨年の「犬ジャケ」とは一転、まったく思い浮かばない「亥ジャケ」の切なさよ。 コレは亥ですか、ね。KMFDM Vs. PIG だけに凶暴な豚なのかもしれないケド。 ◎さて、お引越し完了しました…

今年の音甘映画館 【音編】

The Wave Pictures / Brushes with happiness https://thewavepictures.bandcamp.com/album/brushes-with-happiness Sandro Perri / In another life https://sandroperri.bandcamp.com/album/in-another-life Eric Chenaux / Slowly Paradise https://ericc…

師走の終わり一歩前

金曜夜は新宿シネマカリテでThe Slitsのドキュメンタリー映画「ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード」を見た。スリッツには強くは惹かれないまま今に至るのだけど、キッパリ声を上げる姐さん的カッコ良さとダブな音が自分にはしっくり来なかったんだろう…

Modern Meta Physic

滞っていた仕事もなんとか下流へ向かいそうだし、昼休みに外へ出たら柔らかい光が刺していたし、帰りにいただいた珈琲とガトーショコラの美味しさは麻薬のように痺れて、良いお年をとご挨拶も出来た。繁華街を歩くと、百貨店に掲げられたクリスマスキャンペ…

移動と音楽

外でヘッドフォンをして音楽を聴くことは無い。若いときは「ウォークマンやCDウォークマンとイヤホン」がお供だったけれど、いつからか耳を塞いで移動することに不安を抱くようになった。降り過ごしたりアナウンスが聞き取れないほど音楽に気を奪われてしま…

いなくなる

・上司のダメさ加減に拍車がかかり、今月頭から無駄に仕事が増えている。 ・さすがに苦行じみてドンづまったので、ランチ外で食べよう!とちいさな喫茶店に来たところ、机にうつ伏せていびきをかいて寝ている女性がいた…身なりは会社員なんだけど…… ・ストレ…